体験学習でのチェックポイント④

 

家庭教師に求める学習レベルは?

家庭教師は、子供の親からの依頼を受けて勉強を教えるわけですが、その目標とするレベルは様々です。例えば、子供が学校の授業に全くついていけなくなり、慌てて家庭教師を頼むケースでは、何とか学校で落ちこぼれないようにという、最低レベルの学習能力の獲得が目標となります。一般的には、このレベルの家庭教師の需要が最も多いようです。

一方、受験を控えた学年になってくると、希望する学校に合格することが目標となります。その場合でも、何とか公立校に合格できれば良いというレベルから、将来を見据えて難関校に合格したいというレベルまで、その要求レベルは様々です。

ですので、家庭教師を探す時には、現在の子供の学習レベルがどの程度で、最終的にどの程度の学習レベルを目指すのかを予め考えておくことが大切です。その際、子供の能力や学習レベルを無視して親の理想を押し付けないように気をつけましょう。

 

難関校に対応できる家庭教師は?

このように家庭教師に求める学習レベルは様々で、こうした要求レベルの全てに対応できる家庭教師がいれば理想的なのですが、現実にはなかなか難しいものがあります。特に、将来的には難関校の受験も踏まえて家庭教師を頼むケースであれば、当然ながら、講師自身が教える能力だけでなく高度な学問をマスターしている必要があります。

さらに、中学受験・高校受験・大学受験の何れであっても、難関校と呼ばれる学校を目指すのであれば、目標とする学校の最新受験情報を把握し、それに合わせた高度な受験テクニックを教えることができる講師が求められます。

こうした要求に応えることができる家庭教師かどうかを見分ける簡単な方法は、その家庭教師がこれまでに、どんな子供たちを教え合格に導いてきたかをチェックすればある程度推定できます。一方、その講師の学歴などもある程度の参考にはなりますが、学歴が高くても教える能力に欠けた講師もいるので、学歴だけで判断すると失敗することもあるので注意が必要です。

 

◆関連コンテンツ

講師に求める最低限のマナー

短気な講師と優しすぎる講師

分かりやすい授業+α

講師に求める学習レベル

優秀な家庭教師とは?

 

家庭教師検索サービス

自宅近くの家庭教師を探すなら、以下の情報サイトがお勧めです。自宅近くにある家庭教師会社をピックアップし、料金などを比較してくれます。さらに、体験学習も受講できるので、子供に合った家庭教師を簡単に探せます。

◆家庭教師を探す

<タウンライフ塾探し(家庭教師特集)>
・家庭教師の料金プランを比較
・子供に合った家庭教師を探せる