体験学習でのチェックポイント③

 

子供が分かりやすいと感じているか?

まず、家庭教師に期待することは、子供の学力に合わせた個別授業をしてもらえるというところでしょう。つまり、その講師に教えてもらって、子供が分かりやすいと感じることが肝心です。これは、体験学習でも十分確認できる部分です。

わかりやすく教えることができるということは、講師が子供の目線に立った授業をしているということになります。小学生や中学生レベルであれば、必ずしも特段に頭の良い講師である必要はなく、子供の気持ちを理解し、丁寧に教えることができる忍耐力があれば十分可能です。

さすがに、高校生や大学受験生であれば、当然ながらそのレベルでは通用しません。子供の目線に立った授業を行ないつつ、高度な専門知識を持っている必要があります。

 

子供のやる気を引き出しているか?

では、理想的な家庭教師は、分かりやすく教えてくれるだけで良いのでしょうか? 実は、それだけでは不十分なのです。

教育者という観点から見ると、いかに子供のやる気を引き出しているかが問われるのです。その講師に教えてもらうと、やる気が湧いてきて勉強が楽しくなるという状況であればベストです。そのためには、分かりやすく教えてもらえると同時に、講師自身が勉強に対する喜びを感じていなければなりません。講師の勉強に対する「情熱や喜び」が子どもに伝播するのです。

サラリーマン的に給料のために教えているような家庭教師では自ずと限界があるでしょう。やはり、「好きこそものの上手なれ」という言葉の通り、子供が勉強好きになれるようサポートできる講師こそが理想なのです。

 

◆関連コンテンツ

講師に求める最低限のマナー

短気な講師と優しすぎる講師

分かりやすい授業+α

講師に求める学習レベル

優秀な家庭教師とは?

 

家庭教師検索サービス

自宅近くの家庭教師を探すなら、以下の情報サイトがお勧めです。自宅近くにある家庭教師会社をピックアップし、料金などを比較してくれます。さらに、体験学習も受講できるので、子供に合った家庭教師を簡単に探せます。

◆家庭教師を探す

<タウンライフ塾探し(家庭教師特集)>
・家庭教師の料金プランを比較
・子供に合った家庭教師を探せる